トイレに関するご相談はこちら

九州の蛇口水漏れ、水トラブルはお任せ下さい

施工事例一覧

今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です 今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です
弊社ではプロの専門職人が多数在籍しておりますので、どこよりも低価格で、そしてお客様の想像を超える最高品質な施工を実現することが出来ます。

【住まい】プロが手掛ける外壁の塗装工事 宮崎県宮崎市 I様邸

目次

 

エピソード

九州水道修理サービス 住宅事業部 では、主に「住まい」に特化した専門職人が常時待機しておりますので、様々な工事を手掛けております。

そこで今回は、塗装歴20年以上の外壁塗装の匠が手掛けた ” 宮崎県宮崎市にお住まいのI様邸 ” についてご紹介していこうと思います!

 

初めてI様のご自宅にお伺いしたのは、当社の目玉商品であるトイレキャンペーンをご覧になられて『トイレを交換したい!』との事でご相談を受けた時でした。

その当時使用されていたトイレは20年くらい経過していたものだった為、最新のトイレセットが問題無く取付できるかどうかを1度確認しなければなりませんでした。

そこで1度現地調査を行い、問題無く取り付けができる状態でしたのでお見積書をご提示して、トイレセットの交換工事を任せて頂ける事となりました。

 

その際に、九州水道修理サービスでは水回り以外にも「住まい」全般に対応できる住宅事業部がある旨をご紹介したところ、トイレ以外にも気になる所が複数か所あるということで点検・調査を行い、いくつかのお仕事を任せてもらえることになりました。

 

そして、今回ご紹介する外壁の塗装工事についても『どこに頼んだら良いか分からなかったので、住宅事業部さんが出来るのであれば見積もりを出してほしい!』と頼ってもらえました。

お客様のご期待に全力で応える為にも、今回の外壁塗装の現地調査や見積もり・施工等は当社の職人の中でも特に塗装工事歴の長い外壁塗装の匠が担当させて頂きました。

 

現地調査~お見積り

早速お伺いさせてもらい、ご自宅の築年数を聞いたところ約30年ほどの木造住宅でした。

そして、とてもご自宅を大切にされているお客様でしたので、10年に1度しっかりと塗装工事を行っておりました。

その結果、住宅の状態としては特に大きなひび割れなどもなく、とても綺麗な状態でした。

 

ふと疑問に思い、『ここまでしっかりと家のメンテナンスをされているという事は、いつも頼んでいる塗装業者様がいらっしゃるのではないですか?』と尋ねたところ、どうやら前まで頼まれていた業者様がご高齢の為、引退されていたとの事で頼る宛てが無くなっていました。

 

そういった事情でご依頼いただけたのであれば、私たち住宅事業部にとってもお客様の期待を裏切るわけにはいかないので、前回まで頼られていた塗装業者様以上の施工を目指さなければなりません。

今回のお客様のご自宅は状態としてはとても綺麗な状態でしたが、やはり前回の塗装工事から10年以上経過している事もあり、壁を触ると粉状のものが手に付く「チョーキング」という現象が起きていました。

その他にも、一部の屋根に使用されているトタン屋根や雨戸などの鉄部にサビが発生し、塗料も剝がれかけているのが見受けられました。

 

この現象は紫外線などの影響を受けて劣化する経年劣化によるものなので、チョーキングやサビがある程度発生する10年前後が外壁を塗り替える時期のサインとなるのです。

これ以上年数が経過してしまうと、経過年数に応じて塗装の塗膜部分だけではなく内部にもダメージが広がっていき、ご自宅の耐久度がどんどん低下していく事になります。

なので今回のご自宅の状況は、まさに塗装工事を行うには最適なタイミングだという事をお客様にお伝え致しました。

 

本当にご自宅を大切にされているお客様だったからこそ、調査・点検によるアドバイスをしっかりと受け止めていただく事ができ、今回の塗装工事を任せてもらえることになりました!

 

近年、温暖化が進んでいる今、紫外線による壁や屋根のダメージはより深刻な状況になっています。

通常、家の塗装とは紫外線や熱・寒さなどから家そのものを守ってくれるコーティングになりますので、人の身体に例えるならまさに日焼け止めの役割をしてます。

人の身体も、真夏の紫外線を長時間浴びると火傷するように、家の塗装も劣化が進んでいる状態で放置すると内部の痛みがより深刻になってきます。

 

大切な家を綺麗に保つ為、そして紫外線などから守る為、外壁の塗装工事は必ずしなければなりません!

そして、家の塗り替え周期は塗料によって定められていますが、理想的な周期としては7年~15年となります。

 

猛暑による家へのダメージや塗装しなければならない理由など、分かりやすくまとめた『お役立ち情報』もありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

 

 

 

また、「なるべく費用をかけずに家を守りたい!」と考えられる方は、住宅事業部が手掛ける外壁塗装キャンペーンを参照ください。

 

家の塗装キャンペーンはこちら↓↓

 

今回お客様におススメした塗料
外壁:水性シリコン塗料
鉄部・木部等:溶剤シリコン塗料

 

 

ご近所様へのご挨拶まわり

塗装工事では足場設置時の騒音や塗料の飛散など、様々な問題が発生してしまう可能性があります。

その為、塗装工事をしたからご近所トラブルが発生した!なんて事も、良く聞く話です。

 

九州水道修理サービス 住宅事業部では、すべての塗装工事に対して必ず事前にご近所様へのご挨拶を徹底しています!

すべての周辺住人様とご挨拶を済ませて、必ずご理解頂いた上で着工しております。

 

仮設足場の設置工事

塗装工事をするにあたって、まず最初に手掛けるのは足場の設置作業です。

当たり前ですが、足場がなければ高い場所の塗装は行えません。

 

壁や屋根を傷つけないよう慎重に足場を設置して、塗料や汚れがご近所様のお宅へ飛散しないようにメッシュシートで足場を覆います。

 

高圧洗浄による家の洗浄作業

足場の設置が終わったら、次は壁の高圧洗浄作業を行います。

 

専用の高圧洗浄機を使用して、剥がれかけている塗料や壁に付着しているコケやカビ・埃等を洗い流します。

高圧洗浄作業を怠ると、汚れの上に塗装することになり、後々塗料の剥がれや色褪せ等を引き起こし、塗料が持つ本来の耐久性や性能を最大限に発揮する事ができません。

塗装の仕上がりを左右する大切な作業になる為、九州水道修理サービス 住宅事業部では徹底した洗浄作業を行っていきます。

 

ビニール養生作業(塗装しない部分の保護)

高圧洗浄作業が終わって、すべての壁などがしっかりと乾いた後に養生作業を行っていきます。

塗装をしない箇所や汚れてはいけない場所(床)などをビニール等を使用して保護します。

 

 

「養生」(ようじょう)とは一般的に、「生を養う」という字の通り、病気をした人に対し身体を休めて早く回復する様にという思いを込めて「養生してね」などで使用されます。

そんな一般的な「養生」に対し、建築用語としての「養生」は、作業中に材料や塗料が飛散したり、建材や部材、工事個所が汚れたり破損したりすることの無いように保護する事を言います。

 

外壁の塗装工事(下塗り→中塗り→上塗り)

養生作業後に外壁の下塗りを行います。(1回目)

今回使用する下塗り材は無色の水性シーラ(プライマー)を使用しています。

塗りムラや塗り残しの無いよう均等にローラー等を使用して塗布していきます。

 

下塗りが乾いたら中塗りを行います。(2回目)

今回使用する材料は水性シリコンです。

今回使用した下塗り材(無職の水性シーラ)とは違い本格的に着色していきます。

中塗り作業もローラー等を使用し、細かいう分は専用のハケなどを使用して塗布していきます。

 

中塗りが乾いたらもう一度水性シリコンを塗布します。(3回目)

この上塗り作業により塗料に厚みが付き、耐久性を高める事が出来ます。

日当たりが強い場所には更にもう一度塗布し、計4回塗りで仕上げる場合もあります。

 

外壁の塗装は長期間の安定した耐久度を保つために、この3回塗りが基本となります。

業者の中にはこの上塗り作業を怠り、工程または人件費を削る為に2回塗りで終えてしまう悪徳業者も存在するようです・・・

そのような事態を避ける為、正しい知識を身に着け、今どのような作業をしているのかを細目に職人に聞いたり見たりすることをお勧めします!

 

鉄部の塗装工事

塗装工事は外壁を塗るだけではなく、その建物の鉄部や木部も塗装します。

写真は鉄で出来ている雨戸の錆止め時の作業風景になります。

鉄部はただ塗るだけでなく、現状のサビや埃を落とす「ケレン」作業を行い、サビ止めを塗布することから始めます。

 

サビ止めが乾いた後に中塗り・上塗りを行い、この作業についてもサビ止めを含め必ず3回塗りを行います。

今回使用したのは溶剤系サビ止め塗料溶剤系シリコン塗料になります。

 

鉄部の塗装を更に詳しく知りたい方はこちら↓↓

 

木部や雨樋の塗装工事

最後に破風【はふ】と呼ばれる木部や塩ビ製の雨樋【あまどい】等を塗装していきます。

こちらも鉄部と同様にコケやカビ・埃などの汚れを落とす「ケレン」作業を行います。

 

木部は特に細かい箇所が多く、壁が仕上がった後に塗装する為、塗料が壁に落ちないように注意を払いながらの作業になります。

ハケやローラー等を駆使してムラや塗り残しの無いように均等に塗布していきます。

 

完成

全ての塗装を終え、足場を撤去し完成となります。

今回のI様邸では完工までにかかった期間は、およそ2週間でした。

梅雨時期ではありましたが、天候にも恵まれて雨の影響を受けること無く予定通りに工事を終える事ができました。

 

今回外壁に使用した塗料は「水性シリコン」塗料で、耐用年数はおよそ10年と言われています。

10年に一度しっかりと塗装工事を行っているI様邸だからこそ、今回のように綺麗な外観を保つ事ができ、また過度な劣化による無駄な費用が掛かることはありませんでした。

 

さいごに・・・

外壁や屋根などは紫外線などの影響により必ず劣化します。

皆さまの大切な「家」にとって塗装というメンテナンスは欠かせません。

 

しかし、塗装工事は塗料によって価格も変動します。

また、同じ塗料を使用しても業者によって提示される金額も違い、施工する職人によって仕上がりも変わります。

費用も高額になるケースが多く、『どこに頼んだらいいか分からない・・』という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

九州水道修理サービス 住宅事業部の塗装職人は一般住宅はもちろんの事、大手有名デパートや公共施設なども手掛ける経験年数20年以上の熟練の塗装職人が施工を行います。

施工保証も10年(自然災害などは除く)付いており、年1回の無料点検なども実施しております。

 

「家」の塗装工事をお考えの方や少しでも興味がある方は、いつでもお気軽にご連絡・ご相談下さい!

出張・お見積りはすべて無料となっており、年中無休で住宅事業部が皆様のサポートをさせて頂きます!

 

 

塗装についてのお役立ち情報はコチラ↓↓

 

 

 

九州水道修理サービスのお得な特典情報

九州水道修理サービスでは、いつでも使えるお得な1,000円引きクーポン水回りのお役立ち情報新型コロナウイルスの九州7県での最新情報など、多彩なコンテンツをLINE公式アカウントにて発信しております。

携帯電話の方は下記イラストをタップすることで、パソコンの方はQRコードを読み込むことで簡単に『友だち登録』が出来ますので、ぜひ登録されてみて下さい♪

九州水道修理サービス_LINE友達登録ボタン

九州水道修理サービスでは、お客様の水回りの ”困った”に迅速に対応致します。
水回りのお困り事やお悩み事がございましたら、 お気軽にご連絡ください。
また、九州水道修理サービスでは『住まい(住宅)』に特化した住宅事業部もあります。
水回りの事に限らず、外壁の塗装工事や内装リフォーム・網戸の張り替えやちょっとした壁の穴あき補修など、『住まい』のお困り事などもお気軽にご連絡・ご相談ください!
 

 

こちらのボタンを押すと
記事をシェアできます!

場所別
施工事例
トイレやお風呂などお客様が見たい施工事例を場所別にご覧いただけます

ご注文・お問合せはこちらから
  • 蛇口の水漏れ修理
  • トイレのトラブル
  • 九州水道ならクレジットカードが使えます
  • トイレ商品紹介
  • 求人情報

サービスエリア

サービスエリア
九州および山口

※一部、お伺いできない地域がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

会社概要

0120-48-8919

北九州本社 〒806-0067
福岡県北九州市八幡西区引野2丁目8番1号

福岡支社 〒812-0863
福岡県福岡市博多区金の隈1丁目28番44号

熊本支社 〒862-0912
熊本県熊本市東区錦ヶ丘13-8

長崎支社 〒854-0081
長崎県諫早市栄田町7-17

大分支社 〒870-0921
大分県大分市萩原4丁目15-21

宮崎支社 〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内7343番地3

延岡営業所 〒882-0017
宮崎県延岡市川島町3191

鹿児島支社 〒891-0150
鹿児島県鹿児島市坂之上4丁目26番15号

ページトップへ

(株)九州水道修理サービス

0120-48-8919