トイレに関するご相談はこちら

九州の蛇口水漏れ、水トラブルはお任せ下さい

施工事例一覧

今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です 今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です
弊社ではプロの専門職人が多数在籍しておりますので、どこよりも低価格で、そしてお客様の想像を超える最高品質な施工を実現することが出来ます。

【水回りキャンペーン】トイレ交換工事 交換作業 下関市綾羅木

目次
当社に寄せられるお客様からのご依頼には様々な物があります。

トイレが詰まってしまったという水トラブルのご相談から蛇口の水漏れトラブル、水回りのリフォーム工事依頼や住宅の改修工事など・・・

今回はその中から、当社に在籍する大工と共に工事を行った際の施工事例をご紹介したいと思います。

ご依頼のきっかけはトイレのキャンペーンチラシを見てお電話された事でした。

数年前からトイレの詰まりやトイレタンクからの水漏れなど水のトラブルが頻発していたそうで、修理で対応していくよりもトイレを丸ごと交換しようかと検討されていた時に、当社のキャンペーンを見かけたとの事でした。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~状況確認~ 】

まずはスタッフを手配し、キャンペーンのトイレが取り付け可能なのか事前調査をさせて頂きました。

調査の結果、問題なく取り付けが出来そうだったので、お客様にお伝えしたところ、工事内容や金額にもご納得頂けたようでした。

また、今回の現場は床がタイル仕様だった為、寒い日などはレストルーム自体が冷え込むらしく、トイレの交換と一緒にどうにかしたいとの事でした。

なので今回は、床の張替えを含むレストルームのリフォーム工事をさせて頂くことになりました。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~下地作成~ 】

作業の前に家の水を元栓から止めさせて頂き、一時的に断水させて頂きます。

続いて古い便器を撤去していきます。

古い便器を撤去し終えたら、大工に作業を交代して床の下地を作っていきます。

床工事の時に、露出している排水管にゴミが落ち込まないように、まずは排水管を養生で塞いでおきます。

排水管を保護し終えたら、床の下地作りから取り掛かります。

根太と呼ばれる骨組を作っていき、下地のベニア板が水平に敷けるように木工事をしていきます。

根太組み工事が終わったら下地ベニアを床に貼っていきます。
続いて壁面(3面)のタイル部分にも木工事を施したら下地作業は完了です。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~クッションフロア貼り付け~ 】

床の下地が出来上がったら、次は床材を張り付けて仕上げていきます。

クッションフロアという床材をレストルームに合わせて加工し、専用の接着剤で施工後に剥がれないよう丁寧に張り付けていきます。

クッションフロアの貼り付け後は排水管にフランジと呼ばれる部品を取り付け、トイレを設置する下準備を施します。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~排水管の加工作業~ 】

下準備が終われば、既定の穴位置に既存の排水管を移動させる加工作業をしていきます。

リモデルアジャスターと呼ばれる部品を使用して、床上から排水管の位置を規定値の200mmにもってきます。

この壁から200mmの場所にトイレの排水管を設置するという規定は平成7年から適用されており、新しい便器は規定に合わせて製造されています。

今回のレストルームは平成7年より前に建築されていた為、そのままでは使用不可の状態だったので、加工作業をしなければなりませんでした。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~便器の取り付け作業~ 】

リモデルアジャスターと便器の接続部分をつなぎ、便器をレストルームに対して真っ直ぐになるように位置調整して固定します。

便器の設置が終わるとグラつきがないかを確認し、しっかりと床に固定できている事を確認します。

また、この段階でウォシュレット固定用のベースプレートを便器に取り付けておきます。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~トイレタンクの取り付け作業~ 】

便器の設置が終わると次はトイレタンクの取り付けです。

トイレタンクと便器本体の接続口をしっかりと重なり合うようにはめ込んでいき、密結ボルトで締め上げていきます。

取り付け後は便器と同じようにグラつきがないかを十分に点検・確認します。
水のトラブル(トイレの水漏れ修理交換)の画像
【トイレ交換工事 ~作業完了~ 】

最後に便器に取り付けたベースプレートに温水洗浄便座を差し込み、トイレタンクと温水洗浄便座の給水ホースを給水管にそれぞれ繋ぎ込みます。

繋ぎ込みまでが終わったら、水道の元栓を開いて最終確認作業に入ります。

各接続箇所からの水漏れは起きていないか、温水洗浄便座は正常に作動しているかなどを時間をかけて入念に点検・確認していきます。

点検・確認作業で問題が無ければ、今回のトイレ交換工事は全て完了となります。

今回のようなリフォーム工事にかかる時間は、大工作業を含めて3~4時間ほどです。

九州水道修理サービスでは、各エリアに水回りのプロを配置して、「蛇口の水が止まらない!」や「急にトイレが詰まった!」など、お客様の急な水のトラブルに迅速に対応できるように努めております!

常にお客様のお宅付近を技術スタッフが巡回しておりますので、技術スタッフが待機状態であれば、最短30分以内にお伺いすることも出来ます。

そして、出張・見積もりは全て無料で対応させて頂いておりますので、何か水のトラブルで気になることがあれば、いつでも安心してご相談・お問い合わせ下さい。

水のトラブルで何かお困りごとがある時は、24時間年中無休でお電話は繋がりますので、いつでも0120-48-8919まで、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

急なトイレの詰まりや蛇口の水漏れトラブルなど、4800円で修理対応させて頂いております。

0120-48(4800円で)ー8919(早く行く!)と覚えて下さい。

こちらのボタンを押すと
記事をシェアできます!

場所別
施工事例
トイレやお風呂などお客様が見たい施工事例を場所別にご覧いただけます

ご注文・お問合せはこちらから
  • 蛇口の水漏れ修理
  • トイレのトラブル
  • 九州水道ならクレジットカードが使えます
  • トイレ商品紹介
  • 求人情報

サービスエリア

サービスエリア
九州および山口

※一部、お伺いできない地域がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

会社概要

0120-48-8919

北九州本社 〒806-0067
福岡県北九州市八幡西区引野2丁目8番1号

福岡支社 〒812-0863
福岡県福岡市博多区金の隈1丁目28番44号

熊本支社 〒862-0912
熊本県熊本市東区錦ヶ丘13-8

長崎支社 〒854-0081
長崎県諫早市栄田町7-17

大分支社 〒870-0921
大分県大分市萩原4丁目15-21

宮崎支社 〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内7343番地3

延岡営業所 〒882-0017
宮崎県延岡市川島町3191

※鹿児島県にも支社あり(グループ企業)

ページトップへ

(株)九州水道修理サービス

0120-48-8919