トイレに関するご相談はこちら

九州の蛇口水漏れ、水トラブルはお任せ下さい

お客様のお役立ち情報

水道業界のあれこれ、お役立ち情報などをお知らせします 水道業界のあれこれ、お役立ち情報などをお知らせします

【衝撃】実は知らなかった屋根の存在理由と重要性について! 屋根塗装をしなければならない理由を『住まい』のプロがズバッと教えます!!

2021年05月21日
目次

はじめに

 

九州水道修理サービスでは水トラブルを専門とした水道事業部とは別に『住まい』に特化した住宅事業部があります。

九州水道修理サービス 住宅事業部では家に関する様々なトラブルを、それぞれ専門分野の職人たちが親身になってお客様にお力添えしております。

塗装・大工・クロス職人など様々な職人が九州水道修理サービス 住宅事業部には在籍しておりますので、プロの目線でアドバイスすることも出来ます。

 

今回は『屋根塗装の必要性』について詳しくご紹介します。

 

一般的に家の塗装工事と言えば、主に”壁”と”屋根”になります。

 

屋根は壁と違い雨や風、日差しによる紫外線などの影響を直接受ける部位になります。

その為、壁よりも比較的に劣化しやすい箇所となり、手入れが特に必要とされています。その手入れ方法の1つが塗装工事です。

しかし、単に屋根といっても数々の種類があり、塗装による手入れの必要がない屋根、塗装が出来ない屋根も存在します。

 

まずは、そもそも屋根は何の為にあるのか?その役割とは何なのか?を詳しく解説していこうと思います。

 

そもそも屋根とは?

当たり前と思われるかもしれませんが、屋根は雨風や日差しから建物を守るため、覆うように設置された建造物です。

もし屋根が無ければ家では雨風を凌ぐことができず、ずぶ濡れになり、生活することは困難になる事でしょう。

また木造建築では木が水分を含み腐ってしまい、鉄筋建築では鉄がサビてしまい倒壊する恐れがあります。

水被害は家にとって致命的なダメージを負わせてしまうため、特に重要な防水性・防水機能をもつ屋根は建物にとって必須なものになります。

 

しかし、屋根の役割は雨風や日差しから家を守るだけではありません。

 

まず、屋根を建築する際に基本的に求められるものとして先にお話ししたように防水性そして耐震性・防火性・断熱性・遮音性があります。

 

耐震性

地震大国の日本にとって、家を守るために欠かせない条件として耐震性が求められます。

屋根材を軽くすることにより、家の重心を低くする事で、家の揺れを抑える効果を生むことが出来ます。

 

 

耐火性

多くの日本家屋は木造です。近隣で火災が発生すると火は上に上がり、火の粉で燃え移ってしまいます。

もらい火による火災の被害を最小限に抑える為、不燃材や不燃下地を使用して防火性を向上させています。

 

断熱性

四季のある日本において、屋根の重要な役割の1つが温度調節です。

屋根は直接日差しを受け、常に外気に触れている状態です。

断熱性を持つ事で夏場の室温上昇を必要最低限に抑え、冬は暖かく快適な室温を保つ事が出来ます。

また、断熱性によって天井裏などのが結露することを防ぐことが出来ます。

 

遮音性

屋根には遮音効果があります。

雨や風など外部からの抑える効果があり、また大きな音や話し声を気にせず生活できるのも屋根の遮音効果のお陰といっても過言ではありません。

 

このように様々な機能をもつ屋根ですが、家を大切に保つためにも重要な部位を担っているものが屋根なのです。

 

~まとめ~

一般的に屋根は雨や風、日差しなどから守ってもらえるものという認識だったと思いますが、屋根には耐震性・耐火性・断熱性・遮音性などの様々な役割があるということですね♪

つまり、屋根をしっかりとメンテナンスしていくことは、家そのものを守ることに繋がるということなのです!

『屋根』という言葉の由来。なぜ家の上にあるものが“根”なのか?

」はそれ単体で「やね」とも読み、家全体を表す言葉となります。

」は樹木や草木を支えている「」を意味する言葉で「根元」など下を表す言葉になります。

 

では、なぜ家の上にある物の名称に根が付いているのか?

理由を辿っていくと縄文時代までさかのぼり、竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ)の構造に語源の由来があるそうです。

竪穴式住居のほとんどは屋根と壁の区別のない一体型のもので、屋根が地面に接触している形状が主流でした。

そのころに家を表す言葉として「屋根」と呼ばれてたそうで、時代が進み柱を建て、屋根が地面から離れた構造となり、屋根という呼称だけが残ったそうです。

 

屋根の種類

屋根は気候や家周辺の環境(海辺など)・風土などによってその形状や素材も様々になります。

一般的に使用されている屋根の種類は主に8つあります。

 

詳しい屋根の種類や特徴・特性についての『お役立ち情報』はこちら↓↓

 

屋根が傷む(劣化する)原因

屋根は大切な家を守る為にとても重要な役割を持っていますが、どうしても見えにくい分、劣化や痛みに気が付きにくい場所でもあります。

気が付かないうち、知らないうちに家全体が傷んでしまう可能性があるのです。

屋根が劣化する原因として・・・

 

① 経年劣化

様々な種類の素材が使用されている屋根ですが、どんな素材であっても常に直射日光や雨風にさらされている為、劣化は免れません。

屋根の劣化には塗料が劣化するケース屋根材そのものが劣化するケースの2種類があります。

塗料の劣化を放置すると屋根の防水性など多数の機能が失われ雨漏りや破損を引き起こします。

また、陶器瓦など半永久的と言われている屋根材でも、その瓦を止めている釘や漆喰(しっくい)などは雨風の影響により劣化します。

 

② カビや藻などの微生物による腐食

カビや藻はジメジメした場所を好む習性があり、日の当たりにくい北側などに発生することが多く見られます。

カビや藻などの微生物は水分を含んでおり、その接地面は常に水分に晒されている為、腐食や破損に繋がります。

 

③ 瓦のずれ

陶器瓦やセメント瓦に良く見られる症状で、経年劣化と重複しますが瓦を支えている漆喰(しっくい)や釘などが劣化し、

瓦がずれ落ちてしまう現象で瓦がズレるとその隙間から雨が侵入してしまい結果、家の各所で使用されている木部や鉄部を痛めてしまう事になります。

 

④ 自然災害の影響

台風や地震などによる自然災害の影響で屋根が破損してしまう事があります。最近では国内でも竜巻による被害がでたケースもあります。

目に見えない屋根なので、台風や地震などの後は念のため点検をお勧めします。

 

屋根塗装の必要性(屋根の劣化を防ぐ対処法)

屋根の劣化を防ぐには、屋根の種類によって対処法は様々になります。

銅瓦などは基本的にメンテナンスフリーとされています。

 

同じく陶器瓦も屋根材そのものはメンテナンスフリーとされていますが、その瓦を固定している漆喰(しっくい)などは20年前後で表面が剥がれたり、崩れたりするのが一般的です。

陶器瓦の寿命はおよそ35年~60年程度と考えられており、定期的な漆喰(しっくい)の点検や補修を行うことで瓦の寿命を最大限に生かすことが出来ます。

その他多くの屋根は、一般的に塗装工事によるメンテナンスが必ず必要とされています。

 

屋根塗装の必要性

 

屋根塗装の一番の目的は、防水機能(防水性)を保つことです。

家の見た目の美しさも大切ですし、断熱性や遮熱性なども大切です。

汚れにくさや劣化しにくいなどの性質ももちろん必要です。

 

しかし、機能的な部分としてはすべてに置いて防水に繋がってくるのです。

防水機能が低くなれば雨漏りはもちろんの事、水を弾く効果が薄れるので湿気を帯びる事になり、天気の良い日での渇きと湿気を繰り返すことによりひび割れを発生させます。

 

屋根の塗装時期の目安として、今現在使用されている塗料により前後しますが、10年~15年で屋根を塗り替える事で屋根そのものの劣化を防ぎ防水機能を保つ事が出来ます。

定期的に塗装工事を行わなければ屋根の防水性やそのほかの機能は低下し、雨漏りを引き起こし家そのものに大きなダメージを与える事になります。

 

前述したとおり、屋根を守ることは家を守ることに繋がります!

ということは、逆に屋根を放置してしまうと家全体にそのダメージが蓄積されてしまうのです。

 

普段目にしない場所なので塗装工事の必要性や重要性を感じにくい場所ではありますが、まだ良いかな?などと放置してしまうと

雨漏りなどで気がついた時にはすでに遅く、屋根そのものを交換しなければならないというケースに発展してしまうことも・・・

 

だからこそ、普段から見えにくく、その劣化具合が分かりづらい屋根については専門の職人に調査・点検してもらうことが、本来であれば理想的なのです。

しかし、「どれくらいのタイミングで調査してもらったら良いの?」「業者に見てもらったら、高額な請求がされそうで怖い!」という理由から、中々前向きに取り組むことが出来ないのも事実です!

 

九州水道修理サービス 住宅事業部では、そういったお客様のお声を多く頂いているからこそ押し売りの為の調査や訪問販売などを一切禁止にしております。

また、調査・点検に対して費用も一切頂いておりません。

大切な家を守る為にも、補修を含め屋根の塗装工事は必ず必要だからこそ、お客様の気持ちに寄り添った対応でお客様に安心した暮らしを提供できるように、住宅事業部では専門の職人を自社で抱えてお客様のヘルプコールにすべて対応しているのです。

九州水道修理サービス 住宅事業部では地域最安値を目指し、できる限りお客様に負担のかからない塗装工事プランなどもご用意しております!

※塗装工事のキャンペーンについて気になる方は、こちらをクリックして覗いてみてください!

 

最後に・・・

何度も繰り返すようですが、どのような屋根であっても共通して言えることは、プロによる定期的な点検が最も重要です。

大切なお家を守る為には、どんな些細な不具合でも早期発見・早期対応が費用を抑えて快適な生活を安定させる事が出来ます。

 

突然飛び込み訪問をしてくる業者などは、悪いとは言いませんが基本的には契約を頂くことが仕事になる為、どうしても押し売りに近いかたちをとる業者が増えてしまいます。

しかし、九州水道修理サービス 住宅事業部では修理・メンテナンスをメインとしたお仕事の為、お客様と永く繋がる事が1番のお仕事となります。

だからこそ、無理な押し売りなどを会社で禁止しており、お客様の気になる部分を適正に調査・点検してアドバイスすることをモットーとしております。

 

要点として、

① 家を守る為には屋根を守らなければならない。
② 屋根は専門家でなければ、適切な調査が難しい。
③ 調査を依頼するなら、販売が目的ではない業者に頼むことが1番理想。
④ 早期発見・早期対応が最も費用を抑える事ができる。

 

以上の事から、九州水道修理サービス 住宅事業部では10年周期での屋根の点検を強くお勧めしております。

 

365日年中無休で対応しており、出張費・見積もりはすべて無料で対応しておりますので、『住まい』に関わる相談ごとやお困りごとがあれば、いつでもお気軽にご連絡・ご相談してみて下さい!

私たち九州水道修理サービス 住宅事業部では、すべてのお客様の暮らしをサポートする為に、精一杯全力でお力添えをさせて頂きます!

 

 

九州水道修理サービスのお得な特典情報

九州水道修理サービスでは、いつでも使えるお得な1,000円引きクーポン水回りのお役立ち情報新型コロナウイルスの九州7県での最新情報など、多彩なコンテンツをLINE公式アカウントにて発信しております。

携帯電話の方は下記イラストをタップすることで、パソコンの方はQRコードを読み込むことで簡単に『友だち登録』が出来ますので、ぜひ登録されてみて下さい♪

九州水道修理サービス_LINE友達登録ボタン

 

対応エリア
福岡県
北九州市(小倉北区・小倉南区・門司区・戸畑区・八幡東区・八幡西区・若松区)
遠賀郡(遠賀町・水巻町・芦屋町・岡垣町)
直方市・中間市・飯塚市・鞍手町・苅田町・行橋市・豊前市・築城町・その他近郊
福岡市(東区・博多区・南区・中央区・城南区・早良区・西区)
粕屋郡(粕屋町・久山町・新宮町・須恵町・志免町・篠栗町・宇美町)
那珂川町・糸島市・久留米市・筑後市・大川市・その他近郊
太宰府市・筑紫野市・大野城市・小郡市・古賀市・宗像市・福津市・宮若市・その他近郊
熊本県
熊本市(北区・中央区・西区・東区・南区)
阿蘇市・阿蘇郡(産山村・小国町・高森町・西原村・南阿蘇村・南小国町)
山鹿市・菊池市・合志市・荒尾市・玉名市・玉名郡(玉東町・長洲町・和水町・南関町)
八代市・氷川町・人吉市・水俣市・宇城市・宇土市・天草市・上天草市
葦北郡(芦北町・津奈木町)・天草郡(苓北町)・菊池郡(大津町・菊陽町)
球磨郡(あさぎり町・五木村・球磨村・相良村・多良木町・錦町・水上町・山江村・湯前町)
上益城郡(鹿島町・甲佐町・御船町・山都町)・下益城郡(美里町)・その他近郊
大分県
大分市・別府市・由布市・日出町・杵築市・豊後高田市
豊後大野市・臼杵市・津久見市・佐伯市・竹田市・日田市
宇佐市・中津市・玖珠郡(玖珠町・九重町)・その他近郊
長崎県
長崎市・諫早市・大村市・西彼杵郡(時津町・長与町)・東彼杵郡(川棚町・波佐見町・東彼杵町)
佐世保市・松浦市・佐々町・西海市・雲仙市・島原市・南島原市・その他近郊
佐賀県
佐賀市・鳥栖市・神埼市・吉野ヶ里町・三養基郡(上蜂町・基山町・みやき町)
鹿島市・嬉野市・小城市・多久市・武雄市・伊万里市・杵島郡(大町町・江北町・白石町)
有田町・太良町・その他近郊
宮崎県
宮崎市・都城市・西都市・日向市・日南市・えびの市・小林市・延岡市
北諸県郡(三股町)・東諸県郡(綾町・国富町)・西諸県郡(高原町)
児湯郡(川南町・木城町・新富町・高鍋町・都濃町・西米良村)
東臼杵郡(門川町・椎葉村・美郷町・諸塚村)・その他近郊
山口県
下関市・山陽小野田市・宇部市・山口市・防府市・美祢市・その他近郊

 

『住まい』に関する住宅事業部でのお役立ち情報はこちら↓↓

 

 

九州水道修理サービスでは、お客様の水回りの ”困った”に迅速に対応致します。 水回りのお困り事やお悩み事がございましたら、 お気軽にご連絡ください。 また、九州水道修理サービスでは『住まい(住宅)』に特化した住宅事業部もあります。 水回りの事に限らず、外壁の塗装工事や内装リフォーム・網戸の張り替えやちょっとした壁の穴あき補修など、『住まい』のお困り事などもお気軽にご連絡・ご相談ください!

こちらのボタンを押すと
記事をシェアできます!

お客様のお役立ち情報をカテゴリ別にご覧いただけます

ご注文・お問合せはこちらから
  • 蛇口の水漏れ修理
  • トイレのトラブル
  • 九州水道ならクレジットカードが使えます
  • トイレ商品紹介
  • 求人情報

サービスエリア

サービスエリア
九州および山口

※一部、お伺いできない地域がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

会社概要

0120-48-8919

北九州本社 〒806-0067
福岡県北九州市八幡西区引野2丁目8番1号

福岡支社 〒812-0863
福岡県福岡市博多区金の隈1丁目28番44号

熊本支社 〒862-0912
熊本県熊本市東区錦ヶ丘13-8

長崎支社 〒854-0081
長崎県諫早市栄田町7-17

大分支社 〒870-0921
大分県大分市萩原4丁目15-21

宮崎支社 〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内7343番地3

延岡営業所 〒882-0017
宮崎県延岡市川島町3191

※鹿児島県にも支社あり(グループ企業)

ページトップへ

(株)九州水道修理サービス

0120-48-8919