トイレに関するご相談はこちら

九州の蛇口水漏れ、水トラブルはお任せ下さい

施工事例一覧

今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です 今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です
弊社ではプロの専門職人が多数在籍しておりますので、どこよりも低価格で、そしてお客様の想像を超える最高品質な施工を実現することが出来ます。

蛇口の根元から水漏れトラブル対応 分岐金具からの水漏れ 台所(キッチン)蛇口交換・取り替え作業 大分県大分市豊町

目次
今回ご紹介する水のトラブルは、蛇口本体の付け根から水漏れして困っているという案件でした。

お客様から詳しく状況を教えてもらうと、卓上の浄水器を付けて1年ほど使用した頃から付け根部分に水が溜まることがあり、最初は洗い水が飛んで濡れているだけと思っていたそうです。

しかし、最近になって使用してもないのに水が溜まるようになり、違和感を感じていたら急に付け根部分から水漏れするようになって、慌ててご依頼されたそうです。

今回は、そんな水トラブルの施工事例と、何故このような水トラブルが起きてしまったのかをご紹介しようと思います。

現場に到着して症状を確認したところ、元々付いていた蛇口本体に ” 食洗機を付ける為の分岐金具 ” を取り付けており、その部分が経年劣化を起こして水漏れしている状態でした。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業①の画像
【台所蛇口水漏れ修理~作業前~】

念のためにシンク下の状態を確認したところ、幸いにもシンク下までは水漏れしていなかったので、今回は蛇口の修理だけで何とかなりそうでした。

お客様より「何故このような水漏れが起きたのか?」とご質問をいただき、普通の蛇口に無理やり浄水器を設置したり、外付けの食洗機を取り付ける為の分岐金具を設置した際のリスクのご説明をさせて頂きました。

通常の蛇口(浄水機能や食洗機用の分岐が付いてない蛇口)に無理やり分岐金具などを設置してしまうと、どうしてもその部分に負荷圧がかかってしまいます。

その負荷圧が原因で、蛇口本体の耐用年数は確実に低下してしまいます。
また継ぎ目が増える分、当然故障が起きる箇所が増えますので、結果的に老朽化を早めてしまい、このような水トラブルを引き起こしてしまうのですね。

お客様にその旨をご説明して、本当なら浄水器も取り外してご使用された方が良い事を伝えたところ、「去年くらいから浄水器は使用していなくて邪魔と思っていたので、この際に撤去してくれませんか?あと、蛇口自体も古くなってきているので、今回は新しい蛇口に取り替えてもらったりも出来ますか?」とご回答をいただきました。

お客様の望まれる蛇口をカタログで選定してお見積書を作成し、お客様よりご了承を頂きましたので、今回は蛇口の交換作業で対応させて頂くことになりました。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業②の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取外し作業①~】

まずはシンク下の止水栓を閉めて、台所のみ止水させて頂きます。

続いてお湯と水の管に接続されている給水ホースを取り外していきます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業③の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取外し作業②~】

外した給水ホースから、ホース内に残っている水がこぼれてしまうので、しっかりと養生をしながら取り外し作業を行います。

給水ホースが外れたら、止水栓のところに取り付けてある逆止弁と呼ばれる部品も取り外します。

シンク下での作業が終わったら、止水栓などの使いまわす部品自体が劣化故障を起こしていないか十分に点検しておきます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業④の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取外し作業③~】

次に蛇口本体を固定している固定ビスを専用工具で外していきます。

無事に固定ビスが外れてしまえば、そのまま上に引き上げることで蛇口本体の撤去が行えます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業⑤の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取外し作業④~】

蛇口本体をシンクから引き抜いて取り外した後は、蛇口本体を固定していた固定金具の取り外しを行います。

こちらも専用工具を使い、ネジを緩めて取り外していきます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業⑥の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取付け作業①~】

古い蛇口を取り外し終えたら、出来る限りシンクを綺麗に拭き上げていきます。

清掃作業が終わったら、取り外した時とは逆の手順で新しい蛇口を取り付けていきます。

先ほど外した古い固定金具があった場所に、新しい蛇口の固定金具を設置していきます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業⑦の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取付け作業②~】

しっかりと固定金具をシンクに取り付けたら、そこに新しい蛇口本体を差し込んでいきます。

蛇口本体が取り付いたら、専用の固定ビスで増し締めを行い完全に固定していきます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業⑧の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取付け作業③~】

蛇口本体の固定が終わったら再びシンクの下へ潜り、止水栓に逆止弁を取り付けていきます。

この逆止弁を取り付け忘れてしまうと、お湯の管に水が逆流してしまい故障の原因となってしまうので、確実に新しい逆止弁を取り付けていきます。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業⑨の画像
【台所蛇口水漏れ修理~本体取付け作業④~】

逆止弁の取り付け作業が完了したら、そこに給水ホースを差し込んでいきます。

昔の蛇口は、逆止弁と給水ホースをナットで締め付けていくタイプでしたが、最近の蛇口はワンタッチ式が導入されている為、カチッと音がするまで差し込んでしまえば、それだけで作業完了となります。
【水のトラブル】台所蛇口交換作業⑩の画像
【台所蛇口水漏れ修理~作業完了~】

すべての作業が終わったら通水をして、各継ぎ目から水漏れしていないか、蛇口の温度調節は適切に行われているかなどを入念に点検・確認していきます。

しっかりと点検・確認作業を行い、問題がなければすべての作業は完了となります。

今回は元々付いていた蛇口自体も比較的に作業しやすいタイプの蛇口でしたので、1時間ほどで蛇口の交換作業が完了しました。

九州水道修理サービスでは、各エリアに水回りのプロを配置して、「蛇口の水が止まらない!」や「急にトイレが詰まった!」、「水がポタポタ漏れている!」など、お客様の急な水のトラブルに迅速に対応できるように努めております!

出来る限り分かりやすくお客様へ症状のご説明をさせて頂き、お客様が満足して頂けるように全てのスタッフが専門の知識を有しております。

また、常にお客様のお宅付近を技術スタッフが巡回しておりますので、技術スタッフが待機状態であれば、最短30分以内にお伺いすることも出来ます。

そして、出張・見積もりは全て無料で対応させて頂いておりますので、何か水のトラブルで気になることがあれば、いつでも安心してご相談・お問い合わせ下さい。

水のトラブルで何かお困りごとがある時は、24時間年中無休でお電話は繋がりますので、いつでも0120-48-8919まで、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

急なトイレの詰まりや蛇口の水漏れトラブルなど、4800円で修理対応させて頂いております。

0120-48(4800円で)ー8919(早く行く!)と覚えて下さい。

こちらのボタンを押すと
記事をシェアできます!

場所別
施工事例
トイレやお風呂などお客様が見たい施工事例を場所別にご覧いただけます

ご注文・お問合せはこちらから
  • 蛇口の水漏れ修理
  • トイレのトラブル
  • 九州水道ならクレジットカードが使えます
  • トイレ商品紹介
  • 求人情報

サービスエリア

サービスエリア
九州および山口

※一部、お伺いできない地域がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

会社概要

0120-48-8919

北九州本社 〒806-0067
福岡県北九州市八幡西区引野2丁目8番1号

福岡支社 〒812-0863
福岡県福岡市博多区金の隈1丁目28番44号

熊本支社 〒862-0912
熊本県熊本市東区錦ヶ丘13-8

長崎支社 〒854-0081
長崎県諫早市栄田町7-17

大分支社 〒870-0921
大分県大分市萩原4丁目15-21

宮崎支社 〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内7343番地3

延岡営業所 〒882-0017
宮崎県延岡市川島町3191

鹿児島支社 〒891-0150
鹿児島県鹿児島市坂之上4丁目26番15号

ページトップへ

(株)九州水道修理サービス

0120-48-8919