トイレに関するご相談はこちら

九州の蛇口水漏れ、水トラブルはお任せ下さい

施工事例一覧

今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です 今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です
弊社ではプロの専門職人が多数在籍しておりますので、どこよりも低価格で、そしてお客様の想像を超える最高品質な施工を実現することが出来ます。

和式トイレから洋式トイレへリフォーム工事依頼 わずか1日の工期で理想のレストルームが完成 熊本市北区国府

目次
今回ご紹介する水回りの案件は、「ホームページでトイレのキャンペーン情報を見たのですが、和式のトイレでも出来ますか?」とご依頼を頂いた際の施工事例になります。

通常、和式トイレの場合は、そもそもレストルーム内の間取りが小さく作られている場合が多い為、洋式トイレへの交換が寸法的に厳しい場合が多いのです。

お客様にその旨をお伝えして、まずは事前調査にお伺いさせていただき、トイレの取り付けが可能かどうか見させていただく事になりました。
【トイレ交換工事 ~事前調査~】

お客様のお宅に到着して、早速トイレを確認させていただいたところ、やはり通常よりかは間取りが少しだけ狭い仕様でした。

普通に改修工事をした場合は、トイレ交換後にトイレ前方のスペースがかなり狭くなってしまう状況だったのですが、和式トイレを撤去した後に排水管の位置をギリギリまで壁寄せすることで何とか十分なスペースが取れると判断し、お客様に「洋式トイレへの交換作業は出来ます!」とご回答しました。

心配そうな表情でこちらを見ていたお客様も、無事に取り換え工事が出来ると分かり、大変喜んでいただけました。
【トイレ交換工事 ~作業準備~】

一般的な和式のトイレは、床面に段差が付いたタイプがほとんどですので、この段差を改修工事で無くしてあげた後に、洋式のトイレを取り付けていこうと思います。

まず始めに、一時的に家の水を止めさせていただいて、給水管を取り外していきます。
【トイレ交換工事 ~トイレタンクの取り外し作業~】

給水管の取り外しが終わったら、壁に設置されている墨付きタンクを撤去していきます。

便器と繋がる " 洗浄管 " と呼ばれる部品を外して、トイレタンクを壁に固定しているビスを全て撤去します。

固定ビスが全て外れると、トイレタンクが外せますので、床を汚さない様にタンク内に残っている水を全て排水し、外へと運び出します。
【トイレ交換工事 ~タンク取り外し後~】

墨付きタンクを取り外すと、タンクの裏側に壁紙が貼られてないことが多々ありますので、和式から洋式へ交換される際は、トイレ工事と一緒に壁紙の張り替え工事も弊社ではお勧めしております。
【トイレ交換工事 ~和式便器の撤去作業~】

続いて、床に埋まっている和式便器を取り除いていきます。今回の現場は床面がコンクリートではなく木枠で組まれていました。

なので、木部に埋め込まれている和式便器を何度もズラしながら抜き出していけました。

和式トイレの場合、そのほとんどがコンクリートの床になりますので、その場合は叩き割って撤去するしかないのですが、今回は床が木部だったので割らずに撤去が出来ました。
【トイレ交換工事 ~床工事~】

トイレの撤去が終わったら、次は大工と作業を交代します。

段差がある今の床を崩して、洋式トイレが設置できるように平らにしていきます。

九州水道修理サービスでは、水回りのプロだけでなく大工やクロス職人(内装をする人)など、様々な専門分野の職人を抱えていますので、こういった工事なども全て当社で行う事が出来ます!
【トイレ交換工事 ~クッションフロア貼り付け作業~】

床を平らにする工事が終わったら、次はクッションフロアを床に貼り付けてていきます。

大工によって綺麗に張られた下地に沿って、専用の接着剤でクッションフロアを貼り付けていきます。

また、段差を無くした際に、後方の壁面が一部だけ空洞になってしまいますので、この部分も併せて補修していきます。
【トイレ交換工事 ~排水管加工作業~】

床工事が終わりましたら、次は排水管の加工に入ります。
【トイレ交換工事 ~排水管加工作業②~】

今回は、出来る限りトイレ自体を後ろの壁ギリギリに持っていかなければならないため、何度も寸法出しをして確認していき、豊富な経験に基づいて排水管を作っていきます。

本来であれば、多少の誤差が生じても大丈夫な様に有効寸法内で幅を持たせるのですが、少しでもお客様に空間を広く使っていただくため、絶妙な位置に排水管をズラしました。
【トイレ交換工事 ~便器の取り付け作業~】

排水管の加工・接続作業が終わりましたら、いよいよ便器の取り付けに入っていきます。

排水管と便器をしっかりと固定して、座った時に便器がグラつかないように施工していきます。
【トイレ交換工事 ~トイレタンクの取り付け作業~】

便器の取り付けが完了したら、トイレタンクを組みつけていきます。
この作業の時も、便器とタンクの接合箇所から水が漏れないように、しっかりと確認作業を行いながら施工していきます。
【トイレ交換工事 ~温水洗浄便座の取り付け作業~】

トイレ本体の取り付けが完了したら、次は温水洗浄便座を取り付けていきます。

まずは給水金具に分岐金具を取り付けて、トイレタンクと温水洗浄便座それぞれに水が供給されるように施工していきます。
【トイレ交換工事 ~給水管の接続作業~】

全ての器具が取り付け終わったら、最後にトイレタンクに繋がる給水ホースを接続していきます。

弊社では、ただ接続するだけではなく、完成後の外観も考えて、綺麗な見栄えになるように一番見栄えの良い位置で接続作業を施していきます。
【トイレ交換工事 ~完成~】

全ての作業が完了したら、床や周辺を綺麗に清掃していきます。

しっかりと清掃作業ができたら、最後に何度も点検・確認作業を行います。

接続箇所からの水漏れなどがないか、温水洗浄便座は正常に作動しているかなどを入念にチェックしていき、問題が無ければ全ての作業は完了となります。

とてもスッキリしたレストルームになりました♪

九州水道修理サービスでは、各エリアに水回りのプロを配置して、「蛇口の水が止まらない!」や「急にトイレが詰まった!」、「水がポタポタ漏れている!」など、お客様の急な水のトラブルに迅速に対応できるように努めております!

出来る限り分かりやすくお客様へ症状のご説明をさせて頂き、お客様が満足して頂けるように全てのスタッフが専門の知識を有しております。

また、常にお客様のお宅付近を技術スタッフが巡回しておりますので、技術スタッフが待機状態であれば、最短30分以内にお伺いすることも出来ます。

そして、出張・見積もりは全て無料で対応させて頂いておりますので、何か水のトラブルで気になることがあれば、いつでも安心してご相談・お問い合わせ下さい。

水のトラブルで何かお困りごとがある時は、24時間年中無休でお電話は繋がりますので、いつでも0120-48-8919まで、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

急なトイレの詰まりや蛇口の水漏れトラブルなど、4800円で修理対応させて頂いております。

0120-48(4800円で)ー8919(早く行く!)と覚えて下さい。

こちらのボタンを押すと
記事をシェアできます!

場所別
施工事例
トイレやお風呂などお客様が見たい施工事例を場所別にご覧いただけます

ご注文・お問合せはこちらから
  • 蛇口の水漏れ修理
  • トイレのトラブル
  • 九州水道ならクレジットカードが使えます
  • トイレ商品紹介
  • 求人情報

サービスエリア

サービスエリア
九州および山口

※一部、お伺いできない地域がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

会社概要

0120-48-8919

北九州本社 〒806-0067
福岡県北九州市八幡西区引野2丁目8番1号

福岡支社 〒812-0863
福岡県福岡市博多区金の隈1丁目28番44号

熊本支社 〒862-0912
熊本県熊本市東区錦ヶ丘13-8

長崎支社 〒854-0081
長崎県諫早市栄田町7-17

大分支社 〒870-0921
大分県大分市萩原4丁目15-21

宮崎支社 〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内7343番地3

延岡営業所 〒882-0017
宮崎県延岡市川島町3191

鹿児島支社 〒891-0150
鹿児島県鹿児島市坂之上4丁目26番15号

ページトップへ

(株)九州水道修理サービス

0120-48-8919