トイレに関するご相談はこちら

九州の蛇口水漏れ、水トラブルはお任せ下さい

施工事例一覧

今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です 今までご依頼いただいたお客様のお宅の施工事例です
弊社ではプロの専門職人が多数在籍しておりますので、どこよりも低価格で、そしてお客様の想像を超える最高品質な施工を実現することが出来ます。

トイレキャンペーンからの汲み取り式トイレ(簡易水洗)交換依頼対応 トイレ交換・取り替え工事 宮崎県日向市富高

目次
今回ご紹介する水回りの施工事例は、簡易水洗と呼ばれるトイレの交換作業になります。

お客様より当社に入電がありまして、「古くなったトイレを交換したいのですが、ホームページでキャンペーンをしているトイレに交換できますか?」というご依頼でした。

まずはキャンペーンのトイレが取り付け可能かどうかの事前調査をしなければならなかったので、一度お伺いさせていただく事になりました。
【トイレ交換工事 ~事前調査~】

お客様のお宅に到着して、早速トイレの状況を確認させていただいたところ、月に1度程度汲み取りをするタイプの簡易水洗と呼ばれるトイレが取り付いていました。

しかし、詳しくお話を聞くと「昔は汲み取りをしていたけど、下水道工事を行ってからは普通の水洗トイレと同じように使っています。」との事でした。

調査してみると、元々簡易水洗トイレだったものに " 水洗切り替えキット " と呼ばれる部品を取り付けて、水洗トイレとして使われている事が判明しました。

「もし簡易水洗トイレでの使用だったら、今回のキャンペーントイレは取り付けできなかったのですが、この状態なら問題なく取り換えが出来ますよ!」という旨をお客様にお伝えしたところ、「無事に取替えが出来るなら良かったです。ぜひ、工事をお願いします。」とご依頼を頂けましたので、商品を手配して後日に作業をさせて頂くことになりました。
【トイレ交換工事 ~作業準備~】

まずは、古いトイレを撤去するために繋がってる給水管を外していきます。
この時に家全体のお水を一度止めさせて頂きますので、約2時間ほど断水状態になります。

しっかりと止水できている事が確認できたら、養生を敷いて古いトイレの撤去準備をしていきます。
【トイレ交換工事 ~トイレの取り外し作業~】

給水管の取り外しが終わったら、トイレタンク内の水を綺麗に吸い取って、便器からトイレタンクを取り外していきます。

トイレタンクの撤去が終わったら、続いて便器本体を取り外していきます。

床に固定してあるボルトを外して、便器内の排水を綺麗に汲み出し、汚水が床にこぼれない様に細心の注意を払いながら撤去していきます。
【トイレ交換工事 ~排水管加工準備~】

無事に古いトイレを撤去したら、今度は排水管の加工作業に入っていきます。

元々は簡易水洗だった為、排水管の接続口の形状が全く異なります。
更に、平成7年以降より規定が定められた " 壁から200mmの位置に排水口を設ける " という基準からも外れていた為に、このままでは新しいトイレを取り付ける事が出来ません。

なので、排水管の接続口を既定のモノに交換しなければなりませんでした。
【トイレ交換工事 ~排水管加工作業~】

まずは古い排水管の接続口を床の高さに合わせて切断していきます。
床を傷つけない様に慎重に切断していき、切り取った破片が排水管内に落ちていかない様に徹底した防御措置を取ります。
【トイレ交換工事 ~排水管加工作業②~】

無事に古い排水管の接続口を撤去出来たら、フランジと呼ばれる部品を既存の排水管に取り付けていきます。

排水管の接続口に不備が出てしまうと、そこから汚水が漏れ出てしまいトイレの床下が大変なことになってしまうので、豊富な経験と確かな技術力で確実に作業を進めていきます。
【トイレ交換工事 ~排水管加工作業③~】

フランジの取り付け作業が終わったら、最後に便器と排水管を繋ぐ排水アジャスターを組み立てていきます。

今のままの排水口では規定値外なので、排水アジャスターを使用して、排水管を既定の位置まで移動させていきます。

壁から排水管までの位置をしっかりと寸法取りして、必要な距離分だけ排水アジャスターをカットします。

カットした排水アジャスターをそれぞれ接着していき、完成したものを排水管に接続させます。
【トイレ交換工事 ~便器取り付け作業~】

無事に排水管の加工作業が完了したら、いよいよ新しいトイレの取り付け作業に入っていきます。

外した時とは逆の手順でトイレを組み立てていきます。

まずは便器の接続口を先ほどの排水アジャスターに差し込んでいき、便器の位置調整が出来たら固定ボルトで床に固定していきます。
【トイレ交換工事 ~トイレタンク取り付け作業~】

便器を無事に取り付け終えたら、次はトイレタンクを便器に取り付けていきます。

お互いの接続部分を重ね合わせて、固定ナットで締め込んでいきます。

接続が終わったら、トイレタンク内の各部品を組み込んでいき、トイレタンクの取り付け作業は完了です。
【トイレ交換工事 ~トイレタンクフタ取り付け作業~】

今回は手洗い付きのトイレを取り付ける予定でしたので、手洗い管の付いているフタをトイレタンクの上に合わせます。

トイレタンクから給水ホースが伸びているので、その給水口とフタの接続部分をしっかりと重ね合わせて置いていきます。
【トイレ交換工事 ~温水洗浄便座取り付け準備~】

トイレの取り付け作業が終わったら、今度は温水洗浄便座を取り付けていきます。

最近の温水洗浄便座は、ワンタッチで簡単に外すことができて便器周りを掃除しやすく作られています。

その為、温水洗浄便座を簡単にトイレから脱着するためのベースプレートと呼ばれる部品を便器に取り付けなければなりません。

取り付ける便器の形状に合わせて位置を決め、ベースプレートを設置していきます。
【トイレ交換工事 ~温水洗浄便座取り付け作業~】

無事にベースプレートを取り付け終えたら、そこに温水洗浄便座本体を差し込んでいき、温水洗浄便座の設置作業は完了となります。
【トイレ交換工事 ~給水管接続作業~】

トイレと温水洗浄便座の設置が完了したら、それぞれに水が供給されるように、給水ホースを繋ぎ込んでいきます。

止水栓に分岐金具を取り付けて、そこにトイレタンクへ繋がる給水ホースと、温水洗浄便座へ繋がる給水ホースを繋いでいき、しっかりとナットを絞め込んでいきます。
【トイレ交換工事 ~完了~】

トイレ交換作業の全ての工程が完了したら、元栓を開けて水を開通させます。
通水後は、接続箇所一つ一つを丁寧に点検・確認していきます。
接続不備による水漏れは無いか、温水洗浄便座の機能などは正常に動いているかなどを入念にチェックします。

しっかりと点検・確認作業を行い、問題がなければトイレの交換作業は全て完了となります。

今回のトイレ交換作業は2時間ほどで終わることができました。

九州水道修理サービスでは、各エリアに水回りのプロを配置して、「蛇口の水が止まらない!」や「急にトイレが詰まった!」、「水がポタポタ漏れている!」など、お客様の急な水のトラブルに迅速に対応できるように努めております!

出来る限り分かりやすくお客様へ症状のご説明をさせて頂き、お客様が満足して頂けるように全てのスタッフが専門の知識を有しております。

また、常にお客様のお宅付近を技術スタッフが巡回しておりますので、技術スタッフが待機状態であれば、最短30分以内にお伺いすることも出来ます。

そして、出張・見積もりは全て無料で対応させて頂いておりますので、何か水のトラブルで気になることがあれば、いつでも安心してご相談・お問い合わせ下さい。

水のトラブルで何かお困りごとがある時は、24時間年中無休でお電話は繋がりますので、いつでも0120-48-8919まで、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

急なトイレの詰まりや蛇口の水漏れトラブルなど、4800円で修理対応させて頂いております。

0120-48(4800円で)ー8919(早く行く!)と覚えて下さい。

こちらのボタンを押すと
記事をシェアできます!

場所別
施工事例
トイレやお風呂などお客様が見たい施工事例を場所別にご覧いただけます

ご注文・お問合せはこちらから
  • 蛇口の水漏れ修理
  • トイレのトラブル
  • 九州水道ならクレジットカードが使えます
  • トイレ商品紹介
  • 求人情報

サービスエリア

サービスエリア
九州および山口

※一部、お伺いできない地域がございます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

会社概要

0120-48-8919

北九州本社 〒806-0067
福岡県北九州市八幡西区引野2丁目8番1号

福岡支社 〒812-0863
福岡県福岡市博多区金の隈1丁目28番44号

熊本支社 〒862-0912
熊本県熊本市東区錦ヶ丘13-8

長崎支社 〒854-0081
長崎県諫早市栄田町7-17

大分支社 〒870-0921
大分県大分市萩原4丁目15-21

宮崎支社 〒880-0121
宮崎県宮崎市大字島之内7343番地3

延岡営業所 〒882-0017
宮崎県延岡市川島町3191

※鹿児島県にも支社あり(グループ企業)

ページトップへ

押すとつながります

0120-48-8919